機能一覧

【取引停止時間指定機能】

自動取引を停止する時間帯を指定する機能で、指標時を始め自動売買を停止したい時間帯を予めセットする事が可能です。

※時間帯は複数・1分単位で設定可能です。

【損切・利確機能】

予め指定した金額の利益及び損失で自動売買を停止する機能です。

【通常マーチン機能】

アウト判定・ドロー判定時にマーチンゲール取引を行う機能です。
※マーチン取引回数とエントリー金額の倍率もしくは指定した金額で設定する事が可能です。

【サインマーチン機能】

レート変動による非約定やエラーによる約定エントリ―失敗の際に指定した回数まで再エントリーを実行します。

【リエントリー機能】

自動エントリ―の約定時や結果をLINEで通知する事が出来る機能です。

【LINE通知機能】

自動エントリ―の約定時や結果をLINEで通知する事が出来る機能です。

【PC自動再起動機能】

長時間稼働させる事を想定し、PCを予め設定した時間に再起動をさせる機能です。
※PC起動後に自動システムとMT4が自動で立ち上がります。

【アラート認識自動売買機能】

サインインジケーターで発生するポップアップアラートを認識してエントリ―を実行する機能です。
※エントリー実行はサイン直後かサインの次の足を選択可能です。

 

【矢印認識自動売買】

矢印自体を認識し、自動エントリーを行う機能です。

足が確定するまで矢印等のサインマークが点灯・消灯するタイプのサインインジケーターにも対応します。

サインインジケーターによって矢印等のサインマークの出し方がバッファ管理タイプとオブジェクトタイプの2種類に分かれますが、どちらのタイプにも対応いたします。(サインインジケーターのパラメーター設定にも対応いたします。)

※こちらの機能は別途販売の矢印認識型インジケーターが必要です。

【逆エントリー機能】

サインインジケーターで発生するサインと逆にエントリーをさせる機能です。
勝率の低いサインインジケーター等でも、逆エントリー機能で効果的に利用が出来ます。

 

【VPS、仮想デスクトップ対応】

エクセルやUWSC等のマクロシステムを使った自動売買システムでは稼働させる事の出来ないVPSやクラウド型デスクトップ上でも稼働させる事が可能です。

 

設定画面